• 注文住宅の相談には順序があります

    注文住宅の購入を検討する時一番目に考える事は注文住宅を建てる場所を特定し、土地代金、住宅の建築費用、その他の諸経費をまず計算して概略の予算価格を設定します。
    それにより今度は資金調達の方法を考えるのです。



    自己資金、親からの援助、会社からの借入金、労働金庫からの借入金、住宅金融公庫からのローン、最後に銀行からのローンの順位なります。

    資金調達の目途が立てば、希望する土地及び希望する建物を取り扱う不動産業者との具体的な相談開始となります。
    先ず土地を購入し今度は家を建築する不動産業者と家のレイアウト、庭の整備等の相談に入ります。

    必要であれば自分で計画図を描き、後の肉付けを業者にお願いし、出来た図面に基づき打ち合わせをしながら決めていく方法が取られています。内装に関しても不動産業者のサンプルやモデルハウスを実際に見ながら話を詰めていくのです。この段階で仕様差による金額の変更がある可能性があり。
    都度相談する必要が有ります。

    注文住宅に関して仕様的にお互いに合意しましたら契約を結び着工となります。

    こだわるなら住宅購入の相談にまつわる情報をまとめています。

    その後は住宅の建築の進捗状況に合わせて途中で確認のための相談が必要になる可能性が有ります。例えば指定した部材が入手できない場合は代替品等でカバーするのか否か相談しながら決めて行く事になります。



    いずれにしても打ち合わせをしながら事を進める手法は注文住宅の場合リスクの低減にもなり建築を請け負う不動産業者にとっても有益な事なのです。